【インタビュー】犬飼阿弥佳さん - 第36代ミス弥富

2016年4月に第36代ミス弥富に着任され、2年間の任期で活躍されている犬飼阿弥佳(いぬかい・あみか)さんにインタビュー取材をしてきました。


第37代となる次期ミス弥富金魚とミス弥富は、ただいま公募申込を受付中!(応募2018/2/28まで)


今回、ミスに憧れている弥富女子2人にも来ていただき、座談会式でミスのやりがいや魅力を伺いました。

(取材日:2018/2/8 コジロウ)

ミス弥富金魚・ミス弥富のお仕事

コジロウ)まずはミスのお仕事はどんなものなのか教えてください。
ミス弥富金魚とミス弥富は4月のやとみ春まつりで発表され、そこから2年間の任期です。

グランプリがミス弥富金魚で、準グランプリがミス弥富です。

弥富市の商工観光課所属となり、弥富市の観光大使としての役割を担います。

具体的には、春夏を中心に市内のお祭りやイベントに出て、ステージに登って挨拶や会場の紹介をしたり、来場者や出店者とのコミュニケーションをとったり、写真撮影に対応したりしましたよ。


コジロウ)犬飼さんはどんなイベントに対応されましたか?

弥富の三花まつり(春祭り、芝桜祭り、森津の藤祭り)が中心ですね。

ミス弥富に選ばれて初めての登場が2016年4月のやとみ春祭りです。

初めての日は、ステージに登るまでとっても不安でしたけど、すぐに楽しさでいっぱいになりました。

実は人見知りな性格なんですけど、たくさんの人の前に出るのは楽しいんです。


いっぱい写真を撮ってもらえて、最初「まぶしいなー」って思ったんですけど(笑)、後日プリントしたものを郵送していただき、嬉しくて感動したのを覚えています。

それから、芝桜祭りと森津の藤祭りにもミス弥富金魚と2人で対応しました。

お盆には盆踊り会場を回ってきました。


お祭りでは、色々な方に声をかけていただきました。ブース出店している方からは「これ食べて行き!」と食べ物をもらいましたね。

弥富の郷土料理である「ボラ雑炊」はミス弥富になって初めて食べましたけど、とても美味しいです。

ボラ雑炊を商品として出しているお店はなかなかなくって、家庭の味というかお家で作る料理なんですけど、炊き込みご飯のような料理で美味しいですよ。

コジロウ)ボラ雑炊、気になります。食べてみたい! 他に変わったイベントはありましたか?

弥富市の市制10周年と任期が重なったのもあって、金魚サミットに歴代のミスが勢ぞろいしました。また、テレビ番組の「なんでも鑑定団」が来て、これにはミス弥富金魚が対応しましたね。

秋の健康フェスタは天候が悪くて、ミス弥富として行くのが中止になったのですが、同時に開催されていた海南こどもの国の「日本一金魚大会」には服部市長と一緒に挨拶に行きました。


弥富の名物である早場米(はやばまい)の一日検査員もしています。

専用の機械を収穫したお米にさして、お米の等級を測り、出荷OK!を宣言するお仕事でした。なかなか経験できない役でしたね。


名古屋のテレビ塔でプロジェクションマッピングをするイベントがあり、そこに金魚水槽を展示するイベントが秋にあったので、そこにも行き、街行く方々にチラシを配ってイベントのPRをしました。


コジロウ)お祭り以外にもイベントがあるのですね。では、ミス弥富の活動で苦労したことはありましたか?

実は、今日のインタビューを受けると聞いてから色々と思い返してみたんですが、楽しい思い出しかなかったですね。苦労とか嫌だったことって本当にないです。

むしろ、振り返ってみると楽しいことだけがあっという間に過ぎていったなって思います。

もっともっとやりたかったなって。


お祭りの日は周りの方が気を遣って「疲れたでしょ!休みなよ」と言ってくださり、休憩時間もあるのですけど、私は休むのが惜しくて、もっと会場を回って皆さんとコミュニケーションを取りたいなーって思うほど楽しかったんです!

ミス弥富としての活動の魅力

コジロウ)ミス弥富として活動してみて、何が魅力的でしたか?

そうですね。新しい経験の連続だった、ということでしょうか。

大学やアルバイトだけでは絶対に会えない方々と一緒に行動することやお話しすることも多くて、考え方が広がりましたね。


私は弥富市出身なんですけど、ぜんぜん地元のことを知らなかったなって感じてて。

イベントを通じて、スイーツ店さんや消防士さん、医療関係の方々や、ブース出展をされているたくさんの方々と直接お話ができて、地元のことや、そこに住む方々の思いなど勉強になることばかりでした。


弥富市でミスとして活動して、「成長させてくれる場所だなー」って感じます。

100%の気持ちでやって良かったって思いますよ。


フィギュアスケートのトップ選手から薬剤師を目指す今。

コジロウ)犬飼さんご自身についても教えてください。

弥富市の鯏浦(うぐいうら)出身で、桜小の学区です。

今は22歳で、中学から今の大学までは名古屋市内の学校に通っています。


弥富市の桜小学校2年生のころからフィギュアスケートを始めて、名古屋市の大須に練習場があったので、1時間かけて通っていました。

有名な村上佳菜子選手と一緒に滑っていましたよ。

中学生になって、学校生活の方が楽しくて競技はやめてしまったんですけど、今はアルバイトでスケートを子ども達に教えています。


今は大学で薬学を学んでおり、将来は薬剤師を目指しています。

高校生のときに漢方とカウンセラーに興味がったのですが、薬剤師なら漢方に関われますし、処方のときに患者さんとお話をしてカウンセラーとしての側面もあるかなって思って薬剤師の道に進みました。

コジロウ)薬剤師、素晴らしいですね。ミス弥富の活動をしてみて、モデルや芸能活動に興味は湧いてきませんでしたか?

湧いてませんね(笑)

ミス弥富の活動は楽しいんですけど、それは芸能としての方向ではなくって、自分の成長や地元貢献という意味合いが強いです。

女子会!「ここを教えて、ミス弥富」

コジロウ)ここからは、ミス弥富に憧れる女子2人に来ていただき、女子座談会をお願いします!
ひなの)中学生の"ひなの"です。質問をいっぱい紙に書いてきました!
なつ)"なつ"です。弥富市でOLをしています。犬飼さんと同じ、22歳です。ミス弥富に憧れています!
ひなの)なぜミス弥富に応募したんですか??

成人式の時に市から配布された資料にミス弥富の公募チラシが入っていて、それを見たのがきっかけですね。そのあと、成人式での服部市長の挨拶を聞いて、「地元への貢献っていいな」って思って。

「新しいことに何か挑戦したいな」とも思っていた時だったので、ちょうど気持ちが重なってミスコンテストに応募しました。

ひなの)ミスになって、周りは何か変わりましたか?

家族は変わらないです。友達からは「ミス弥富になったんだって!?」って話題にはなりましたね。小学校くらいから連絡のなかった地元の知り合いから急に連絡が来たりとか(笑)


なつ)市内で普段生活していると声をかけられたりしますか?

それが意外と声はかけられないんです。「ミス弥富」っていうタスキをつけていないと分からないようで。ミスになる前と変わらない生活を普通にしていますよ。


なつ)イベントの時の服装って市から支給されるんですか?

実は支給品じゃなくて、自分たちで手配してます。ミスの発表のあと、すぐにミス弥富金魚と一緒に服の買い物に行きましたよ。

森津の藤祭りは振袖で行きましたが、あれはちょうど成人式に用意したものだったりします。

なつ)それはびっくり!他にミスになってみて意外だったことってあります?

そうですね。結構、知らなかったイベントが弥富市内にたくさんあったんだなって思いました。地元なんですけど、あまり知らなくて。

こんな楽しいイベントやってたんだーって参加しながら気付いていきました。


ひなの)ミスになって気をつけていることはありますか?

姿勢とお肌ですね!

足を組まないようにしたり、手の位置をあげたりと、イベントのあとに自分で写真を見直して、反省しながら色々改善してきました。

イベントの前はニキビができないように気を遣っています!

なつ)写真撮られますからね!面白いカメラマンっていましたか?

変な人はいませんでしたけど、山梨から来たカメラマンさんがいらっしゃいましたね。全国を行脚して各地のミスを撮っているそうです。

なつ)選考ってどんな感じだったんですか?

私の時は書類応募が26名いました。

1次〜3次の3段階の選考でしたが、それが半日で実施されます。

お昼に26人が集まって、集団面接。緊張しててあまり覚えていなんですけど、1次は自己PRだったと思います。

それから半分の13人くらいで2次面接。「大切にしているもの」とか「最近感動したこと」とか聞かれたと思うんですけど、家族が大切って答えたこと以外は、なに答えたか覚えてないです...

最後、5人で3次面接。もっと細かい質問があった他、ウォーキングテストみたいのがありました。

なつ)半日で3回の面接があるんですね!びっくり。
ひなの)ミス弥富になって知った、弥富のいいところはありますか?

金魚ですね。

金魚は、それまで金魚すくいの小さな品種しか知らなかったんですけど、品評会に出てくる金魚の大きさや美しさ、そしてその価格!にびっくりしました。


あと、ミスの制度がある自治体は周りにはあまりないので、ミスの制度があること自体も弥富市の魅力です。


ひなの)ミス弥富を目指すには、勉強はしておいたほうがいいですか?

勉強が必要かどうかは分からないですけど、無知って恥ずかしいことだなって思ってます。

無知を避けるための方法の1つに勉強があると思います。

でも、意外と弥富市のことに特別詳しかったわけではないです。


コジロウ)ありがとうございます。ここで女子会はおしまいです!

一歩前に出る気持ちをぶつけて欲しい

コジロウ)最後に、ミスに応募したいなと思っている方にメッセージを!

私にとってミス弥富は、今だからできる、今経験しておいて本当に良かったなって思えることでした。

やりたいなって気持ちが少しでもあったら、やるべきだって思います。

勇気を出して、その一歩前に出る気持ちをぶつけていって欲しいなって。


積極的で向上心があって、人前に出るのが好きな方にオススメの活動です。


コジロウ)今日はありがとうございました!


犬飼さんには、あっという間の2時間のインタビューの間、とても上品でにこやかに受け答えしていただきました。


今回のインタビューは、堀岡市議によるお声がけの元、弥富市の加藤さんが愛西で営む「スイーツカフェ Halu」さんに場所を提供していただきました。バレンタインデー前でお忙しい中ありがとうございました。

ケーキやチョコレートを買う際はぜひご利用くださいませ。


そして、第37代目となる次期ミス弥富金魚、ミス弥富は現在公募受付中です。

2年間の任期で我こそは!と思う方、ぜひぜひご応募ください。

詳細な条件は、弥富市のWebページまたは弥富市やとみ春まつり実行委員会事務局まで。


コジロウ

弥富市非公式Webメディア「やっとみつけた、弥富」編集長。
http://yatomi.localinfo.jp

ITコンサルタント兼映像作家です。
http://fdsa-life.jp/blog


本サイトの文章、画像データ等一切のコンテンツは、全て無断コピー、転載禁止です。

シェア及び引用は自由に可能です。

データを利用される場合は、お気軽にお問い合わせください

0コメント

  • 1000 / 1000

やっとみつけた、弥富

愛知県弥富市に住む方の生活をちょっぴり豊かにするローカルWebメディアです。 "わたしらしく、弥富で暮らす" ための等身大の情報を、編集部が自ら体験して発信します。

© 2018 やっとみつけた、弥富