コジロウ

弥富市非公式Webメディア「やっとみつけた、弥富」編集長。
http://yatomi.localinfo.jp

ITコンサルタント兼映像作家です。
http://fdsa-life.jp/blog

記事一覧(164)

弥富の"関係人口"を考える - 【コジローカル考】

「コジローカル考」始めますこんばんは。編集長のコジロウです。弥富の情報発信やイベント作りをこれまでやってきましたが、少し取材を離れてみて弥富のローカルのことを考える「コジローカル考」という記事の試みをやってみることにしました。ローカルで出来ること、ローカルがやるべきこと、ローカルだから実現できることを考えてみます。第1回目は「弥富の関係人口を考える」。関係人口という言葉。雑誌「ソトコト」を愛読するような層ではもう知っていて当たり前の単語となり、総務省が提唱して日本が国をあげて取り組むようなものになりました。先日ボクは、「関係人口をつくるー定住でも交流でもないローカルイノベーション」著者のローカルジャーナリスト田中照美さんのお話を聞く機会がありました。http://www.tanakaterumi.com/弥富市は、金魚こそ有名な土地ではありますが、鋭いキラーコンテンツのような観光名所を持つわけでもなく、かと言ってとんでもなく田舎ライフが満喫できるような海・山・川に恵まれたような土地でもない。こういう中庸で緩やかに進行が止まって行く土地にこそ、"関係人口の創出"(総務省用語)の意識的な取り入れが必要なのだと思う。関係人口って何?関係人口とはなんでしょう。それは、観光などで一時的に訪れる「交流人口」とその土地に住む「定住人口」の間に位置する方々のこと。総務省の関係人口のサイトでは、「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域と多様に関わる人々を指す言葉です。地方圏は、人口減少・高齢化により、地域づくりの担い手不足という課題に直面していますが、地域によっては若者を中心に、変化を生み出す人材が地域に入り始めており、「関係人口」と呼ばれる地域外の人材が地域づくりの担い手となることが期待されています。と説明しています。特に関係人口になりやすいパターンとして「①その土地にルーツがある方」(出身者とか学校に通ったとか)、「②スキルや知見を有する都市部の人材」、「③ふるさと納税寄附者」をあげています。弥富市はふるさと納税に積極的ではないので、①と②が狙い目というわけです。