【産業】金魚の競り市場

弥富といえば、金魚です。

海抜が低く、昔はあまり水はけが良くなかったので、溜まりやすい水を利用して金魚の養殖が始まったのだそうな。

金魚の名産地である弥富市には、弥富市金魚の「セリ市」として現在三カ所の市場があり、それぞれ、弥富金魚卸売市場、東海観賞魚卸売市場、日本金魚卸売市場があります。

弥富→東海→日本、とだんだん規模が大きくなる名前と覚えると分かりやすいです。

しかし、市場としての内容/規模はあまり差はないそうですが、弥富、東海、日本の順でそれぞれ開催曜日が決まっているので、それを覚えるために使えます。

「かんこ」と呼ばれる木の箱に金魚が入れられ、競りに掛けられていきます。

平日の開催であり、見学には事前予約が必要ですが、弥富の名産を見るチャンスがあります。


弥富サポーターの会では見学会が実施されましたが、私は行けませんでした。

また機会を作って、競りを見学したいと思います。


コジロウ

弥富市非公式Webメディア「やっとみつけた、弥富」編集長。
http://yatomi.localinfo.jp

ITコンサルタント兼映像作家です。
http://fdsa-life.jp/blog


本サイトの文章、画像データ等一切のコンテンツは、全て無断コピー、転載禁止です。

シェア及び引用は自由に可能です。

データを利用される場合は、お気軽にお問い合わせください

0コメント

  • 1000 / 1000

やっとみつけた、弥富

愛知県弥富市に住む方の生活をちょっぴり豊かにするローカルWebメディアです。 "わたしらしく、弥富で暮らす" ための等身大の情報を、編集部が自ら体験して発信します。

© 2018 やっとみつけた、弥富